四街道大日在宅介護支援センター

四街道大日在宅介護支援センターについて

四街道大日在宅介護支援センターでは、在宅介護支援センターと居宅介護支援事業の二つのサービスを提供しています。
介護保険制度が始まった平成12年よりも前の平成9年から福祉の仕事に携わっています。

在宅介護支援センターとは

在宅介護支援センタ ーでは、 「おたがいさま体操」を支援しています。

これまで、私たち在宅介護支援センターが「介護予防教室」として市内あちこちの自治会におじゃまして運動や講話を行ってきた活動をもとに、平成30年4月に「おたがいさま体操」がうまれました。
「おたがいさま体操」とは、介護が必要な状態になることをできるだけ防ぎ、動ける体づくりをめざし、いつまでも自分らしく生きがいのある生活を送るための活動です。活動の主体は、地元大日地区の住民の方々です。
理学療法士、作業療法士、看護師など専門職がお手伝いします。
顔馴染み同士での参加、健康長寿をめざしたい方、参加申し込みは不要です。お互い閉じこもらず、身体を動かし、いきいきした生活を送りましょう。

居宅介護支援事業所とは

日常生活に介護を要する方がご自宅で暮らすためにさまざまな社会資源(介護保険サービスと、介護保険外のサービスやボランティアさんなど)を組み合わせて提案するところです。利用者さんの自立支援を促すための提案をする介護支援専門員(介護支援専門員についてはこちら)が勤務しています。
自立支援とは、何もかも自分ですることだけが自立ではありません。誰かに助けてもらいながらも自分でしたいことを「こうしたい」と決めることも自立です。
私たちは、ご自宅での介護生活をより快適にするために、利用者さん、ご家族と一緒に考えます。
お気軽にお電話ください。

お問い合わせはこちら

場所:千葉県四街道市大日1685-10
電話:043-421-1418
営業日:月曜日から金曜日 
営業時間:8:30~17:30
休業日 土曜日・日曜日・祝日12/31~1/3

営業時間外においても緊急の場合は24時間連絡をとれる体制をとっております。
「043-421-1418」にお電話ください。

よくある質問

Q.自宅で受けられるサービスにはどのようなものがありますか?
・自宅に手すりを取り付ける住宅改修
・車椅子を借りる福祉用具貸与
・ご自宅で家事や入浴介助などを手伝う訪問介護
・浴槽を持ち込んで寝たきりの方でも入浴できる訪問入浴
・医師や薬剤師などがお薬の飲み方や療養上の管理を手伝ってくれる居宅療養管理指導
・看護師さんが床ずれの手当や点滴の管理をしてくれる訪問看護
・送迎付きで機能訓練を受けることができる通所介護や通所リハビリテーション
・短期間泊まりに行って家族が介護休みをとることができる短期入所などの介護保険サービス

その他、ボランティアさんや地域の活動団体の紹介もします。
まずはケアマネジャーにご相談ください。
千葉県 介護事業所・生活関連情報検索 介護サービス情報公表システム
Q.利用料金は?
原則的に利用者さんの金銭的負担はありません。
介護保険サービスは利用料金の1割(所得の多い方は2割)を利用者さんが負担しますが、居宅介護支援は10割が介護保険から支払われます。
介護保険のサービスを利用した月に、
・要介護1~2の方は1053単位(11267円)
・要介護3.4.5の方は1368単位(14637円)
が介護保険から支払われます。

(単位とは、サービス種類ごとに介護に関する手間を数値化したもので全国統一に決められています。地域ごとに人件費等が異なるために、円に換算する時にはそれぞれ地域によって地域加算をかけることになっています。四街道市は5級地で、居宅介護支援事業所の場合は1単位あたり10.7円をかける地域です。)
Q.ケアマネジャーは変更できるの?
ケアマネジャーは利用者さんが選択することができます。同じ事業所内でケアマネジャーを変更することもできますし、他の事業所に変更することもできます。
ケアマネジャーは担当する利用者さんの数に上限があるため、それを超えない範囲であれば事業所内でも変更が可能ですので、ご相談ください。
他の事業所に変更を希望する場合は四街道市の高齢者支援課や、地域包括支援センターに市内の事業所リストがありますので、ご相談してください。
Q.ケアマネジャーの所属するサービスを使った方がいいの?
そんなことはありません。
ケアマネジャーは公正中立の立場を求められていますので、必ず複数の事業所を提案し、利用者さんに選択していただいています。
また、現在利用しているサービスについても、どうしてこの事業所を選んだのか、選定理由をケアマネジャーに求めることも出来ます。
ケアマネジャーが同じ事業所ばかりを選択していると、特定事業所集中減算といって、居宅介護支援事業所の収入は半年間減る仕組みになっています。
Q.認定調査って何?
調査員が日頃の生活の様子を質問して、どれくらい介護が必要な人なのかを客観的に評価する「訪問調査」と、主治医の先生からもらう「意見書」をもとに、保健・医療・福祉の専門家が審査して要介護度を決めます。審査の結果、要介護度が決まります。
軽度→重度の順に、非該当(自立)→事業対象者→要支援1→要支援2→要介護1→要介護5と数字が増えます。非該当(自立)の方は、一般介護予防事業に参加することができます。
Q.認定調査はどうやって受けるの?
お住まいの市区町村の介護保険の窓口に申請すると、ご自宅に調査に来てくれます。
窓口に行けない方は、包括支援センターか、私たちにお電話いただければお手伝いします。
Q.四街道市民じゃないと利用できないの?
住民票を移さなくても利用することができるサービスと、原則的に四街道市民でないと利用できないサービスがあります。
介護保険のサービスは利用できるものがほとんどですので、ご相談ください。